HOME > About

概 要

BNCT研究センター

次世代のがん治療として注目されているBNCTの進展には、がん細胞に集まるホウ素薬剤の開発研究が不可欠です。大阪府立大学とステラファーマ㈱は、なかもずキャンパス内に、世界初のホウ素薬剤開発に特化した研究拠点として「BNCT研究センター」を、国や堺市の支援を活用して建築整備しました。
BNCTの世界的な広がりを見据え、ホウ素薬剤の品質評価をはじめ、がん検査・診断へのホウ素薬剤の利用、新たなホウ素薬剤の開発などを核とする革新的な研究開発事業を、最新の機器を整備して戦略的に展開していきます。また、関連機関と連携してBNCTの人材育成も積極的に行なって行きます。

BNCTを構成する3つの要素技術

BNCT研究センター

新世代のBNCTでは、中性子を効率よく取り出せる【加速器】中性子源、
がん組織だけに選択的に集積する【ホウ索薬剤】、
ホウ索薬剤が“何処にどれだけ“集積しているかを確認するための【PET検査】が、
主な要素技術です。また、これらの要素技術を正しく理解しBNCTの普及に貢献する専門人材の育成が重要です。
「BNCT研究センター」では【ホウ索薬剤】と【PET検査】の研究開発を行ないます。

研究センターの整備概要

BNCT研究センター

(1)構造・規模  S造・地上3階建て
(2)建築面積   608.9㎡、 延床面積:1,751.14㎡
(3)整備場所   大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(下記参照)
(4)総事業費   約4億8千万円(機器整備費含む)

rc_bnct_2013_02.jpgBNCT研究センター外観
rc_bnct_2013_01.jpgBNCT研究センター玄関
rc_bnct_2013_03.jpgBNCT研究センター外観

Link:関連団体・組織

研究推進機構

地域連携LinkIcon

大阪府立大学:OPU

OPULinkIcon

ステラファーマ株式会社

ステラファーマLinkIcon

OPU植物工場研究センター
イノべーション拠点立地支援事業

PFCLinkIcon