HOME > BnctBoronR&D

大阪府立大学のホウ素薬剤化学研究の主な歩み

BNCT研究センター

1990年
医薬や農薬に有用なホウ素化合物の合成研究を開始
(農学部農芸化学科生物制御化学研究室)
1993年
BPAの新規合成法に関する最初の研究論文
(Biosci. Biotech. Biochem., 57, 1940-1941
1995年
京大原子炉実験所、神戸大医との共同研究開始
1999年
ステラケミファとの共同研究開始、「大阪ベイエリアBNCTコンソーシアム」を組織、ホウ素化合物の開発研究を本格化
2000年
ブレーメン大学化学部ガーベル教授との共同研究
2002年
「ガン中性子捕捉療法に最適化デザインされたナノデバイスの開発」(経済産業省 地域新生コンソー シアム研究開発事業)
2005年
「がんーホウ素中性子捕捉療法に最適化された10B-ホウ素ナノクラスター化合物の創製」(科学技術振興機構 JST の育成研究事業)
2008年
「ホウ素中性子捕捉療法用ホウ素薬剤 」 (JSTの独創的シーズ展開事業)
「ホウ素薬剤化学」寄付講座を設置
{産学官連携機構(発足時)→ 21世紀科学研究機構に移行(2012年)}
2012年
21世紀科学研究機構に「BNCT研究センター」を設置
「先端技術実証・評価設備整備費等補助金」に採択
2013年
なかもずキャンパス 関西イノベーション国際戦略総合特区に区域追加
「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)及びがん診断に不可欠な PETプローブ・18FBPAの合成機器の開発」(経産省課題解決型事業)に採択
2014年
「BNCT研究センター」(C23棟)の供用開始

Link:関連団体・組織

21世紀科学研究機構

21機構LinkIcon

大阪府立大学:OPU

OPULinkIcon

ステラファーマ株式会社

ステラファーマLinkIcon

OPU植物工場研究センター
イノべーション拠点立地支援事業

PFCLinkIcon