HOME > BnctWhy

BNCTホウ素中性子捕捉療法)とは

BNCT研究センター

日本人の年間死亡者数の内30%である40万人は癌が原因で亡くなっています。
癌は日本人の国民病とも言える病気です。

癌治療には主に三つの治療法があります。「外科治療」、「薬剤療法」、「放射線治療法」。しかし、どれも身体的ダメージが大きいため、負担の少ない治療法が必要とされています。そこで、今新しく期待され実用化と迫っているのがBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)です。

BNCTは、これまで行なってきたどの治療法よりも、負担の少ないガン治療法として、早期の実用化が期待されています。
大阪府立大学「BNCT研究センター」は、ホウ素薬剤に特化した大阪発、世界初の研究開発拠点として、BNCTの更なる発展を目指し、医療に貢献します。

BNCTの治療の流れと特長

BNCT(ホウ素中性子捕捉療法)

治療の流れ

BNCTではまずホウ素薬剤を点滴によって体内に取り込みます。
体内に取り込まれたホウ素薬剤はがん細胞に集積します。
ここで加速器から陽子ビームを発生させます。加速された陽子ビームが、ベリリウムターゲットとぶつかって中性子を発生させます。この中性子が、ホウ素薬剤が集積したがん細胞に照射して、がん細胞のみを選択的に破壊します。

20140306 bnct-5a.psdBNCT治療のながれ

BNCTの特長ー「がん細胞のみ」を選択的に破壊

BNCTは、ホウ素薬剤と中性子線を2つの中核とする、がん細胞だけを選択的に破壊する「切らない・痛くない・副作用が少ない」画期的ながん治療法です。
BNCT は浸潤性の強いがん、多発・再発がんなど、現在の外科治療や放射線治療では治療が難しい難治性がんに有効です。
・中性子とホウ素の反応を利用しがん細胞を選択的に破壊する
・正常細胞にほとんどダメージがなく安全性が高い
・個別臓器全体に広がったがんや浸潤がんなど治療が難しいがんにも効果的
・照射は1 -2回、30-60分程度と治療期闘が短い
・切聞や切除を行わないので患者さんのQOLにも貢献
・制がん剤、抗がん剤を用いないので副作用が少ない

BNCT の主な適応がん種

・悪性脳腫霧
・頭頚(けい)部がん
・悪性皮膚がん
・メラノーマ
・悪性胸膜中皮腫
など

BNCTの歴史

1932年、チャドウィックが中性子を発見しました。
その4年後、ロッヒャーが現在のBNCTの元となる概念を提案し、BNCTの潮流をつくります。
それから、14年の時を経て、日本で臨床研究が開始されたのです。
1967年に日本で初めてBNCTが開始されました。
1974年には、第一世代のホウ素薬剤となるBSH
その13年後には、第二世代の薬剤となるBPAが発見がされました。
BPAは、がん細胞に選択的に集まることでBSHと大きく異なっています。このBPAの登場によって、BNCTはがん細胞選択的治療としてふさわしいものとなりました。

Link:関連団体・組織

地域連携研究機構

地域連携LinkIcon

大阪府立大学:OPU

OPULinkIcon

ステラファーマ株式会社

ステラファーマLinkIcon

OPU植物工場研究センター
イノべーション拠点立地支援事業

PFCLinkIcon