公立大学法人 大阪府立大学
21世紀科学研究機構

BNCT研究センターの開設

2013年11月に大阪府立大学なかもずキャンパス内「BNCT研究センター」が竣工しました。BNCT用濃縮ホウ素薬剤研究に特化した世界初の施設です。
BNCTの要素技術が集積する大阪・関西の地の利を活かして、BNCTの更なる進展の基盤となる新規ホウ素薬剤の開発研究を世界に先駆け推進します。

IMGP4605.JPG2014.5.21

写真をクリックすると拡大表示されます。

BNCT研究センター(C23棟)開所記念講演会

日時 2014年5月21日(水)
場所 ホテルアゴーラリージェンシー堺

  ・切畑教授(府大)
  ・ガーベル教授(独ヤコブス大)
  ・小野教授(京都大学)

当日、これに先だってBNCT研究センター(C23棟)開所式典を、関係者を集めセンターで行いました。

→イベントの様子、詳しくはこちらをLinkIcon開所式及び記念講演の風景

IMGP4621.JPG

ドイツから来ていただいたガーベル教授

IMGP4633.JPG

記念講演会の風景

ホウ素中性子捕捉療法 (BNCT)は、

エネルギーの低い中性子と、がん細胞・組織に集積するホウ素化合物の反応を利用して、がん細胞をピンポイントで破壊する、身体への負担が少ない最先端の放射線がん治療法です。
がんホウ素中性子捕捉療法:Boron Neutron Capture Therapyの略

Link:関連団体・組織

21世紀科学研究機構

21機構LinkIcon

大阪府立大学:OPU

OPULinkIcon

ステラファーマ株式会社

ステラファーマLinkIcon

OPU植物工場研究センター
イノべーション拠点立地支援事業

PFCLinkIcon